終わり良ければ…

全て良し…とはいかないけれど … 日々の記憶を楽しい記憶に書き換えて終わりたい…

「入門ビットコインとブロックチェーン」野口悠紀雄......今週の読書

 

入門 ビットコインとブロックチェーン (PHPビジネス新書)
 
ビットコインについて、よく耳にするようになった。
高騰しているということばかりが注目されているが、
それよりも、注目すべきは「ブロックチェーン
ビットコインを含む仮想通貨の基礎技術である「ブロックチェーン」が、
かつてインターネットが登場した時と同じような、
社会革命をもたらす重要な技術らしい。
 
すごい時代が、もうそこまで来ている。
かつて、インターネットの登場は衝撃だった。
地球上のどこにいても、即時に低コストで、情報を 送ることを可能にした。
しかし、インターネットでも できなかったことがある。
それは、「経済的な価値を送ること」と「信頼を確立すること」だ。
インターネットで、安全に経済的な活動を行うことはとても難しかった。
 
しかし、
書き換えることが不可能なシステムを確立し、
銀行のような管理者がいなくても、信頼できるシステムを作り、
コストを抑えて決済ができるようにしたのが、
ブロックチェーンの技術らしい。
 
「従来のインターネットが 情報の インターネットであるのに対して、
  ブロックチェーンは 価値の インターネット」 だと言える。
まさに、革命だ。
 
AIやブロックチェーンの応用によって
社会がどのように変わるのか わからないが、
今、社会が大きな転換点にあることは間違いない。
この本の内容は、専門的な部分もあり、半分くらいしか理解できなかったが、
わくわくしながら読んだ。
 
人は、自分の持っている知識の中でしか行動することが出来ない。
新しい時代に、自分は柔軟に対応できるのだろうかとの不安も残った。