終わり良ければ…

全て良し…とはいかないけれど … 日々の記憶を楽しい記憶に書き換えて終わりたい…

街の本屋さん

f:id:meisyu3ie:20170811161653j:image

本屋さんの特集が面白そうだったので、男性ファッション誌を買ってみた。

私の住んでいる街には、2件しか本屋さんがない。

雑誌やら参考書やらがほとんどで、読みたいものは見つからない。

だから、いつも隣市のちょっと大きめな本屋さんに行く。

1階が新書やカフェ、2階が古本やレンタル屋さんやネットカフェ。

なんでもある本屋さんだ。

昔は私の街にも小さな本屋さんが、ちらほらあった記憶があるが、

これも時代の流れなのか、

街から本屋さんが消える......

ありうるなと思った。

 

 

いい本屋には ‘‘クセ” がある。

個性的な本屋って、なんかいいなぁ......って思わせる、素敵な特集だった。

コンセプトがしっかりしていて、そこに行けば 自分の読みたい本に出会える っていうような本屋さんに 巡り合いたいものだ。

 

もしこの世から本屋さんが消えちゃったら......僕がやりますよ。

場所は田舎町がいいですね。 山も海もあるような場所で、あまり大きくなくていいから、古本屋兼貸本屋をやりたい。本を読みながらのんびり店番をして、読み終わったらそれを売る、みたいな。そう簡単にできるとは思いませんが、そういう生き方には憧れますね。

 東出昌大さんの話、まさにその通りって思った。

定年後は、「晴耕雨読」って名前で、古本屋をやって、

雨の日には店番をしながら、本を読んで

晴れの日は、「下ノ畑二 居リマス」って黒板に書いて、土いじりする......

そういうのもいいな......と妄想する。

 

どんなに、ネットストアが普通になっても、やっぱり本は、本屋さんで巡り合うのがいいと思う。

古本も味があっていい。

そこに、誰かが入れた線なんかがあれば、知らない誰かの人生に、この本はどんな影響を与えたんだろうと、温かい気持ちになる。

新書でも、古本でも、本は手で触れて、鼻でにおいを感じて、数ページ読んでみて、選びたい。

だから、街から本屋さんが消えたら大変だ!

 

ポパイに、私の生まれた街、尾道の個性的な本屋さんのことが出ていた。

「紙片」という本屋さんらしい。無性に行ってみたくなった。

 

尾道にはもう何年も行っていない。

物心つく前には尾道を離れていたが、親戚があったので、子供のころは、花見やら花火やら、四季折々によく行っていた。

今では、行くことがなくなったが、ずいぶん変わり、なんだかとても素敵な街になっているようだ。

ポパイを読みながら、なんだか尾道を歩いてみたくなった。

そういえば、昔、母のアルバムに 尾道の「孔雀荘」という画廊喫茶で、とった写真があったのを思い出した。

吸いもしないたばこを片手に持っていて、写真の端には「たばこは動くアクセサリー」と書いてあった。

まだ私がこの世に生を享けてもいなかったころの1枚。

若かりし頃の母の、すました写真が好きだった。

大人になったら、一度行ってみたいと思っていたけど、そのままになっていたなぁ。

ネットで調べたら、まだやっているようだ。

尾道は歩く街だから、もう少し涼しくなってから、両方目指して行ってみようかな。