終わり良ければ…

全て良し…とはいかないけれど … 日々の記憶を楽しい記憶に書き換えて終わりたい…

「余命」谷村志穂 … 今週の読書

 

余命 (新潮文庫)

余命 (新潮文庫)

 

滅んで行く自分の肉体を新しい命につなげたい......

もし、がんの再発を、自分のことを心から愛してくれる夫が知ったならば、産ませてはくれないだろう......

現役の外科医である「滴」は、がんの再発を自ら発見し、夫や信頼する同僚、友人にも打ち明けず、治療より、出産を選択するという、孤独な決断をする。

愛しているゆえに、夫を遠ざけ、周囲を遠ざけ、死の恐怖に怯えながら、たった一人で戦いに挑む。

 

普段は心の奥底に押し込んで、見ないようにしている「死」から心を逸らさず、向き合い、見つめるとき、

余命を切られた方の「孤独」が、かすかに見えてくるのだと思う。

残された日々が少ないことを知っているからこそ、あしあとを残したい。

残してゆく愛する者への最良の贈り物を用意したい。

たとえその努力が 時間としての自分の命を削ることになったとしても......

それが、がむしゃらに生きてきた自分らしい選択ではないか……

そういった気持ちへの理解が得られないと感じたとき、心はすれ違い、孤独になる。

 

人の命は無限ではない。

砂時計の砂が落ちていくように、サラサラと落ちていっている。

その落ちる速度には、違いがあっても……

 

滴が、自分の砂時計の速度を 早めてでも残したいと思ったものは、

新しい生命という「自分たち夫婦へ与えられた恵み」だけではないだろう。

40を目前にし、いつまでも夢を追い続けて、生活力がないが、優しく愛情深い夫……

経済的には滴が支えることができており、今まではそれでもよかった。

お互いがお互いを必要としていたから……

しかし、滴のわずかばかりの預金など 医療費が食い尽くし、自分の命とともに跡かたもなく消えてしまうだろう。

生まれてきた子供と 愛する夫が 二人で 路頭に迷ってしまっていいのだろうか?

焦りと苛立ちから、夫に辛くあたり突き離すようになる。

そして、滴なりの方法で、愛する夫を成長させていく。

 

 

「もっと早く気がついてあげられれば」

「あの時こうしてあげればよかったのではないか」

「もっと 何か方法があったのではないか」

どんなに、献身的に介護をしていても、

愛する人を亡くした時、寄り添ったものには、少なからず後悔の念が湧いてくる。

しかし、何が「最善の選択」だったのかなんて、誰にもわからない。

患者本人が、自分で納得し、自分で決めるという、プロセスを踏んだということが、「最良の選択」なのだろう。

そしてそのことが、残された愛する人たちを、悲しみの淵から 立ち上がらせ 歩き出させる力となる。

最高の「グリーフケア」となるのだと思う。

 

人生は、最後の5年間が勝負だ。

最期の瞬間まで人間は成長できる。

身体がどんなに衰弱しようとも、たくさんのものを与え、残すことができる。

 

滴の最後の5年間については、わずか14ページしか さかれていないが、そこには こぼれ落ちた たくさんの物語があったことだろう。

最後の5年間に滴が何を思い、何を選択し、どう生き切ったのか……

もう少し、そのこぼれ落ちた物語を読んでみたかった気がするが、

思いをめぐらせ、想像することしかできない……