終わり良ければ…

全て良し…とはいかないけれど … 日々の記憶を楽しい記憶に書き換えて終わりたい…

「城あるきのススメ」春風亭昇太 … 今週の読書

f:id:meisyu3ie:20170518192524j:image

これまでの人生の中で、お城に関心を持ったことは一度もなかった

先週の昇太師匠の話を聞いて ちょっとだけ中世のお城の世界を覗いてみたくなって買って帰った1冊 

 

お城というと、天守閣を思い浮かべるが、どうやらあれは近世のお城らしい

小学校の時に 遠足で行っていた なんにもないところが 中世のお城のようだ

しかも、自分のうちの近所にも ウジャウジャあるらしい

 

どうして、中世の城郭には 建物が無いのか というと、

 それは、

 慶長 20 (1615) 年6月 13日に出された 一国一城令(いっこくいちじょうれい)

  (なんだか そんな言葉、遠い昔に聞いた事があるなぁ…)
中世、城は 日本中に 三万とも四万とも言われるぐらいあったのだが、

徳川家康が、本城だけをのこして 一つの国に一つの城 以外は 全部 破却するよう 命令を出し、

わずか 数日のうちに 何百もの城が壊されたという

新たに建てることも禁止されたらしい

だから、近所にある 中世の城跡には なんにもないのだ

(そんな、理不尽な事が まかり通る 世だったとは…)

 

この本には、昇太師匠の オススメの城と その見所が 何城か紹介されている

私自身が、城あるきにハマることは 絶対にないだろうが

昇太さんの マニアックぶりと、わかりやすく 面白い 文章で

しばし 中世の世界を 旅した気分だ…

 

何かに夢中になっている人の話は 興味深い
別の世界に連れて行ってくれる…

そんなに夢中になるのならと、ちょっと、覗いてみたくなる魅力がある

 

試しに 「〇〇市  城郭」でググると …すごい!

職場や自宅周辺だけでも 30以上の城郭がある事がわかり びっくり!

仕事帰りにちょっと 足を伸ばしてみるのもいいかもしれないと 思いはじめている…

 

近所の城郭を入り口に、その歴史に思いをはせるようになり、町や暮らしを知っていく…

そういうところが魅力となり、郷土愛に繋がっていくんだろうな…

 

地元に なんの愛着もなければ思い入れもない…

地元から離れたいと ずっと思ってきたし、今だに 息苦しさを感じることもある

だけど、地元の 城あるきでもしてみたら ちょっとだけ 見方が変わるかもしれないな…