終わり良ければ…

全て良し…とはいかないけれど … 日々の記憶を楽しい記憶に書き換えて終わりたい…

心の琴線に触れた言葉

最近の 「ほぼ日」で  出会った   心に残る言葉のことを  ずっと考えている …

       #……

        わたしは、もっと、わたしに話しかけたほうがいい。
      わたしを見てやったり、聞いてやったりもして、
      わたしのことを、知ってあげたらどうだろう。
      ほんとは、なにが好きなの?
      どういうことがしてみたいの?
      どんなふうに生きたいの。
      あれについてはこれについてはどう思う?
      問いかけたり答えたりをして、わたしとつきあう。
      ひとりの時間は、それができる時間です。

         ひとりのわたしが、つよくなれるとしたら、
      そのわたしを、よく知ることからはじめる。
       知らないわたしは、弱くさえないままなのだから。#

                          ( 5/12の 今日のダーリン より )

 

「今日のダーリン」は、その日にしか読めないので、消えないうちに とりあえず保存しておいた

後でゆっくり 味わおうと思って…

 

あんがい 自分のことより、人のことの方が わかっているのかもしれない

誰かのことを大切に思い 理解したいと思った時

見えている部分だけじゃなく 内奥も知りたいと思う

価値観や 物事への反応の仕方 、強さと脆さなど…

そして、 どうしてそのような価値観を持つようになったのか

どうして そのような反応をするのか…

過去に遡って 理解すると 負の部分さえ 愛おしく思えてくる…

 

自分の事を そうやって 理解しようとすることは あまりないような気がする

もし、じっくり自分に話しかけ 理解するなら

自分の弱さや 消えてしまいたくなるぐらい 愚かに思える部分も 

許せるようになるのかもしれない…

 

対人援助の分野では 「自己覚知」が必要だとよく言われる

人は、自分の 価値基準や感情をものさしにして 反応したり 他者を判断しやすい

しかも、その ことに自分では気づきにくい

だから、自分がどんな価値基準を持っているのか

どのような場合に、どのような反応をするのか といった、

自分の心理や 行動の傾向を 熟知する事 (自己覚知) が 基本として必要になる

自分を知っておくことによって、「自分」の取り扱いが上手くでき

自分と価値観が違う人を前に、冷静であり かつ相手の価値観を尊重できるようになる

相手が間違っていると感じたり こうしたら良いのにと思った時…

< それは 正しいとか間違っているとかいう問題なのか?

    もしかして それは 単に 「ものさし」が違うだけなんじゃないのか? >

と 考えることができるようになる

だから 感情的にならず  冷静な判断ができるし 自分の考えを押し付けることがなくなる

 

プライベートな部分でも、そのようにできればいいと思うのだが

なかなか難しい…

「あの人はおかしい」とか すぐに言ってしまう

その見方が 自分の思考の傾向であり 弱さであることにすら 気付かずに…

「あの人と話すと傷つく」と思ってしまう

傷つきやすさの原因は自分にあることに 気付かずに…

 

    #ひとりのわたしが、つよくなれるとしたら、
    そのわたしを、よく知ることからはじめる。

       知らないわたしは、弱くさえないままなのだから。#

 

     私の 心の琴線に触れた…