読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わり良ければ…

全て良し?…とはいかないけれど … 全部チャラ ❗️. 1日の終わり、メンタルリセットするため書いてます

「待てない」時代 に … 「モモ」を読み返す GW

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

 

まとまった休みは取れないが  明日から2連休が始まる

明日からのささやかな ゴールデンウィークのために 仕事帰りに古本屋に寄り ミヒャエル・エンデの 「モモ」を 見つけて 買って帰った

子供の頃に読んだ この本が どうしても 読みたくなったのだ

スピードを重視し 「待つこと」ができなくなった 時代に

 自分の用いる「 時間の質」を見つめなおし 心を取り戻す GW にしたい

 

「モモ」を思い出したきっかけは 通信速度に制限がかかったことからだった

 

  引越しを機に 固定インターネット回線をやめた
ポケットWi-Fi にした時期もあるが
スマホがあれば わざわざ ノートパソコンを 開く事さえもが 面倒臭くなり
ここ2年は スマホiPad mini のみで 過ごしている
特に不自由はなかった
片方に 速度制限が かかっても どちらかが 月末までもってくれていたので
毎月 なんとかなっていた
しかし、今月は その両方に 速度制限がかかってしまった
しかも1週間以上を残して…
これほど イライラした 毎日を過ごす事になるとは思わなかった
自分はそれほど せっかち ではないと思っていたが
1分が待てず 諦める自分に 「時代」を感じた

いつから こんなに 「待てない」人間になったのだろう
ピーヨロピーヨロいう音を聞きながら 繋がるまでの時間を コーヒーを飲みながら待っていた頃…
そこまで長いとは思わなかった
そんなに 昔のことではない気がする…
自分は 時代に全く付いていけていないという 自覚はあるが、速度感覚だけは 付いて行けているようだ

考えてみれば…

エレベーターも 待てなくなった
乗ると必ず [ 閉 ] ボタンを押すようになった
押したところで たかが 数秒しか違わないだろうが その数秒が 「待てない 」のだ
最近では、自分が降りる瞬間に [ 閉 ] ボタンを 押して行く人が 増えた
後の人のために スーッと横に手を伸ばし[ 閉 ] を押し、 振り返らずに 去って行く…
最初に見た時には 「なんて スマートでカッコイイんだ」と感心した
それからは 私も 真似をして 押して出るようにしている
これも「待てない」時代が生み出した 礼儀作法なのだろう

エスカレーターも、動く歩道も 気がついたら 歩いている
コンビニは、混んでいそうだったら 素通りする
うどん屋は 待たない セルフうどんを選ぶ
カップ麺は1分しか 待たない (これは前からだが…)

「速い」が当たり前になった時代…
気がついたら 随分余裕がなくなっているようだ…

どれだけ、「灰色の男」に 時間を 盗まれるがままに していることだろう

そして、幼い頃に 読んだ ミヒャエル・エンデの モモを 久しぶりに読みたくなった

心の伴った時間を 取り戻すために…