読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わり良ければ…

全て良し?…とはいかないけれど … 全部チャラ ❗️. 1日の終わり、メンタルリセットするため書いてます

読書のこと

読書の思い出

小学校の図書室が大好きだった

思い返すと、小学生の頃が私の読書のピークだった

図書室の本を 全部 読むことを 目標にしていたものだ

 

大抵 いつも私より先に 借りている子の名前があった

1つ学年が下の おとなしそうな女の子だったが 

その子もまた いつも図書室に居た

本を通じて お互いを意識するようになった

特に親しくなったわけではなかったと記憶しているのだが…

 

…どのような経緯だったかは覚えていないが…

その子の 父親から1冊の本をプレゼントされた

f:id:meisyu3ie:20170423102401j:image

ユンボギの日記」

大泣きしながら 読んだ 初めての本だった

なんども 涙で字が読めなくなった

ユンボギのために何かをしたいと強く思った

夕飯の時 「この食事をユンボギに送りたい」と母に 訴えた

母は、地球儀を示しながら 韓国がどこにあるのかを教えてくれた

海を渡りさらに進んで行かなければいけない事や 届くまでには腐ってしまう事などを理解した

 何もできないことを知り さらに泣いた…

泣きながら ご飯を食べた…

 

中学生になり、図書室に行き 圧倒された

市の図書館に 初めて行ったのも この頃だった

あまりの 本の多さに

「世界中の本を 読破することなんてできない」という 事実を知った

 

「これら以外の事にも心を用いよ。多く書を作れば 際限がない。多く学べば からだが疲れる」 (旧約聖書-伝道の書12章12節)

… 私の 読書熱は クールダウンしていった… 

 

 

食べ物が 身体を作るように  読書は「人」を作る

もちろん、「人」を作るのは 読書だけではない

見るもの聞くもの感じるもの 全てが 人を形作って行く

しかし 読書は、3度の食事の1食くらいのウェイトは占めているだろう

 

どの時期に どれだけ 取り入れるかも 重要な要素だ

食事も読書も、ライフステージにあったものが良い

 

ライフステージに合った読書 

① 人格形成期である 成長期

人としての 基礎能力が発達し、人格が形成される この時期に出会うものには 強い影響力がある

栄養素で言うと タンパク質などの「からだを つくるもの」を最も必要とする時期だ

感情的な人格形成や、基礎能力  読む力や考える力 、推論し 考えを表現する力などの 発達のためにも

 できるだけたくさん 読書をすることは 重要だろう

特定のジャンルに偏らず 幅広くいろんなものを読むことが 良い

知らない世界に触れ、視野を広げ、「ポケット」を沢山作るのだ

 

② 自己形成期である 青年期

f:id:meisyu3ie:20170423101702j:image

…「我々はどこから来たのか  我々は何者か  我々はどこへ行くのか」(ポール・ゴーギャン)…

自分自身を見つめ アイデンティティを確立することは 読書だけでは できない

社会との交流という「活動」が どうしても必要だ

社会集団の中で自分の存在が認められることで 自分の立ち位置や役割を認識する

この時期の 読書の役割は エネルギー源 であろう

栄養素で言うと 炭水化物などの「エネルギーになるもの」が必要だ

しかし 摂取量に見合った「活動」がなければ、肥満になってしまう

読書という「エネルギー摂取」と 人間関係の充実 という「活動」のバランスが大切だ

 

③心のバランスを崩しやすい 更年期

この時期には、心身のバランスを崩しやすい

栄養素で言うと ビタミンやミネラルなどの「からだの調子を整えるもの」が必要だ

サプリメントに依存したりもする時期だ

今の自分に必要だと感じるもの 足りないものを補うような 読書に走っているのではないかと 感じる

自己啓発や専門書 趣味や実用書などを 欲するのだろう

 

④ 貯蔵能力が低下した 老年期

円熟した 老年期のためには、それぞれのライフステージに合った 読書を継続していることは 大切だと考える

まだ 老年期には 少し早いので  自分が どのような 書物を 欲するようになるのか 予測がつかないが 

何かしらの 読書習慣は 継続しているだろう

老年になると身体は「脱水」や「低栄養」になりやすくなる 

貯める力が弱るので 少しずつを こまめに摂取する必要がある

読書も、もう沢山はできないだろうが、少しずつでも続けることで

人としての 円熟性を保ち 中庸を維持しながら 穏やかな人生の終焉を迎えることができれば 幸せだ