読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わり良ければ…

全て良し?…とはいかないけれど … 全部チャラ ❗️. 1日の終わり、メンタルリセットするため書いてます

ひきこもり新聞…今週の読書

f:id:meisyu3ie:20170308200853j:image    3月号が届いた

創刊号から読んでいる  (と言ってもまだ3号しか出ていないが … )

ひきこもり当事者が 発行している新聞だ

宛名は 丁寧な字で 手書きされている

中には 新聞だけではなく 送付状が付いており

蝶々🦋の 絵には マーカーで ちょこっと 色が塗ってある

1枚1枚 手作業で行われているであろう

その労働と ちょっとした心遣いにふれ

温かい気持ちになる

 

私はこの新聞に 大きな関心と期待を寄せている

 

 私には ひきこもりの兄弟がおり

その事で 何十年も苦しんでいる

その苦しみから逃れようとして 家を出、距離をおいた

今でも 周囲の人  親しくなった友人にさえも 家族のことを話すことはない

しかし ずっと彼の存在は 頭から離れることはなかった

彼も苦しんでいることは 充分にわかっているつもりだった

 

1 年位働いては 何年も ( 10年近く) ひきこもるという生活を繰り返し

彼もまた 地元を離れた

地元で「居場所」を見つける事は出来ないと感じたのだろう

最近は ひきこもり期間が1年未満と短くなってはいるが

やはり周期的に 仕事をやめている

今回の新聞のテーマである「中高年の ひきこもり」だ

 

私は、彼の内面を知りたいと思っていたのだが

計り知ることはできないでいた

ひきこもっている事に対して  1度も 非難めいたことを 言ったことはないが

ちゃんと向き合って 話をしたことも  また  ないのだ

 

「ひきこもり新聞」の存在を知り 購読した

私は、大きな考え違いをしていた事に 気がついた

これまで 「就労」が ひきこもりからの脱却だと思っていたのだ

彼が仕事をしている期間は  私は安堵し

辞めると 大きな不安が押し寄せた

しかし、私が 安堵している間も

彼は 職場で たくさんの人に囲まれながらも

「居場所」のなさを抱え  どんなに 疲弊していただろうか

そう、ひきこもりからの脱却は 「就労」ではなく「居場所」なのだ

 

彼を含め 今も「居場所」を持てず 苦しんでいる方々が

安心して 誰かと 繋がれる 日々が来る事を 心から 願い

見守ることしか出来ないが  購読 という形で 応援したいと考えている

 

この新聞が 一人でも多くの

ひきこもり続けている方々の 目にとまり

小さな窓となり

社会への扉を照らす 小さな光が 差し込むことを期待している

 

また この新聞が 一人でも多くの

人々の目にとまり

ひきこもりに対する 偏見が 払拭され

その 個別性 が 受け入れられるような 社会となることを 願っている