読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わり良ければ…

全て良し?…とはいかないけれど … 全部チャラ ❗️. 1日の終わり、メンタルリセットするため書いてます

日曜日の日常

歳のせいか 日曜日の朝でも 寝坊ができなくなった

いつものように目が覚め 

とりあえず起きてみる

洗濯機を回し コーヒーを入れ

1週間のニュースをテレビで見ながら

軽い朝食を取り終わった頃には 洗濯機が止まっている

たまった1週間分の家事を終えたら

あとは、だらだらと 引きこもり生活を楽しむ

 

休日は必ず便秘が解消する

こういう現象に 心身全体が弛緩していることを感じる

 

昔は、なにもしない休日を過ごすことに 罪悪感を覚えていた

前日には、休日にすることを 趣味活動に至るまで

細かくリストアップし

1つ1つ したことを消していく 

全部消えた時、有意義な休日を送ったことに満足感を覚えた

 

しかし 歳とともに コンプリートできない休日が多くなった

できないことが、有意義な休日を過ごせなかったという思いとなり

罪悪感  … 人生の脱落者になったような感覚に襲われた

 

そして バーンアウトした

 

仕事をズル休みした

そして 辞めた

1人のため  働かなければ生きていけないという

状況がなかったら 引きこもりになっていたと思う

心療内科に通いながらも

転職を繰り返し

なんとか 心身バランスをとることができるようになっていった

 

心療内科に通っていた時

どうしても 病院に行きたくなくて 

予約の日を すっぽかしたことがあった

しかし罪悪感に襲われ  律儀にも「忘れていました」と

断りの電話をかけた

 

次の診察の時

予約をすっぽかしたことを責められるのではないかと

おどおどしながら診察室に入ったが

Dr.は にこやかに 「忘れる事ができるようになったのは

良くなっているって事だ」と言い

全く責めることはなかった

 

拍子抜けしたが、こんなんでも良いんだ

世間は 私が思っているよりずっと 優しい事に気がついた

私には帰るところはないと思って生きてきたが

ふと「一度実家に帰ろう   そして生活を建て直そう」

と  今まで考えもしなかった思いが浮かび  口に出してみた

Dr.は、批判も助言もしなかった

ただ聴きながら 私の決定を肯定してくれた

 

実家に帰ってからも1度 電車を乗り継いで

Dr.のもとに行ったが  

それ以来 心療内科に通うことはなかった

 

心に余裕のなかった自分を見つめ直し

勉強をし直して  これまでとは全く違った仕事に就いた

そして 実家を巣立ち

 なぜか 対人援助の仕事をしている

他者の人生を決して批判することなく 

自分で自分の人生を決められるよう

寄り添ってくれたDr.のように

私はなれているだろうか…

自問自答しながら仕事をしている

 

時々 感情が疲弊した時 

Dr.に会いたくなる 

 

でも もう戻ることはないだろう

気持ちを切り替え 

コントロールできる

「 大人」になったのだから

 

今日も 「笑点」を見ながら

私の休日は過ぎていく

 

それにしても

今日のたい平師匠の 壊れ方は イイね👍

たい平師匠の落語も見てみたくなった

 

たい平さんに ざぶとん3枚!