終わり良ければ…

全て良し…とはいかないけれど … 日々の記憶を楽しい記憶に書き換えて終わりたい…

落語

落語会備忘録……柳家小八

今年の3月に、広島県福山市出身 初の真打が誕生 今日はその 柳家小八の独演会 当日券で入り、聴いて帰った。 1席目は、牛ほめ 落語の世界の名物キャラ、愛すべき馬鹿「与太郎」が登場する 地口落ち(ダジャレ)の演目 次は、権助提灯 ちょっと小気味よい、…

落語会備忘録……立川志の輔

秋の京都 今にも降り出しそうな空模様の中 はるばる京都まで 志の輔落語を聴きに 日帰り旅行 古典だったらいいなと思いながら 春秋座の長い階段を息を切らしてやっとこさ登る 運動不足だなぁ 80歳まで落語会に行けるくらいの体力維持しなきゃいけないな など…

「名作落語50席がマンガで読める本」......今週の読書

名作落語50席がマンガで読める本 作者: 東園子 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー 発売日: 2017/03/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る マンガで落語ってのはどうなんだろう…… 私だけの落語国の住人がいなくなってしまうかも…

岡山落語名人会

5月からチケットを確保し、楽しみにしていた 岡山での落語会に本日行ってきた。 会場に着いての第一印象は...... 客の年齢層が高い...... 演者によるのか、地域柄なのか、敬老会かと思った。 若い世代があまりにも少ない! 落語ブームと言われているが、岡…

江戸っ子じゃなくったって、落語は楽しい

今日は 京都での「立川志の輔 独演会」(2017.11.17~19)のチケットの発売開始日。 絶対に取ろうと思っていたので、仕事を休みにしておいた。 最近は、近くも遠くも見えずらくなったため、できれば前の方の席が取りたいと思い、朝10時の発売開始時間きっかりに…

「江戸の家計簿」磯田道史 … 今週の読書

江戸の家計簿 (宝島社新書) 作者: 磯田道史 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2017/01/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 「江戸の家計簿」と古典落語 徳川家康が幕府を開いた当時、寒村だった江戸に、町つくりのために、三河や駿河から…

「城あるきのススメ」春風亭昇太 … 今週の読書

これまでの人生の中で、お城に関心を持ったことは一度もなかった 先週の昇太師匠の話を聞いて ちょっとだけ中世のお城の世界を覗いてみたくなって買って帰った1冊 お城というと、天守閣を思い浮かべるが、どうやらあれは近世のお城らしい 小学校の時に 遠足…

落語の 睡眠導入剤的効果

今週末の 落語会を前にし 今 、私の脳みそは 落語に占領されている… 生落語に行く前は 一週間位前から 頭の中は 落語まみれになる 片道30分の車通勤中の BGMは 落語に変わる 寝る前も 落語を聞きながら寝落ちする… おかげで、眠剤なしでも 良く寝られる 頭で…

落語のススメ

お題「好きなお笑い」 久しぶりに生落語に行くため チケットを購入した 去年の3月に行った 昇太師匠の独演会は 確か3800円だったと記憶してるが この 値段の違いは やはり笑点効果なのか 落語は、1つの演目を 複数の噺家で聴き比べるという 楽しみ方をするの…

差し障りのない程度の 自己開示

今週のお題「自己紹介」 「meishu」っていう名前は 中国語読みから つけた名前です 人生最初に行った 海外の台湾で、自己紹介に「メイシュ メイシュ」と連呼していたので その頃から もう四半世紀 ニックネームは 「meishu 」と名のっています ベティ・ブー…

「楽に生きるのも楽じゃない」 春風亭昇太 … 今週の読書

(初めての画像入りに挑戦) 週末の お楽しみ ゆる〜い系 読書の時間 ネットで購入した 昇太さんの本をイッキ読み 1週間のメンタルリセットに最適な1冊だった こういう ゆる〜い笑いが イイね〜、イイね〜 昇太アニさん、あんたはやっぱり おもしろいよ‼︎ (っ…